不動産ってどうやって売却するの?
はじめてでイマイチ、分からない…


 

 

売却は「情報収集から物件の引渡し」までの流れをみると理解しやすいですよ。ここでは、一体どんな流れで不動産売却が行われているのかという一般的な流れを気をつけるべき注意点を踏まえて紹介しますね。


 

不動産の売却の仕方・手続きは?

 

親から相続した不動産や、引っ越しや買い替えによる不動産の売却を希望する人はたくさんいます。しかし、不動産は買うとき同様に売るときもまた、様々な手続きがあり、時間がかかるものです。不動産を売却するためのポイントは、スムーズに売却のステップを踏んでいくことです。とはいえ、初めて不動産の売却にチャレンジする人は何から手を付けていけばいいかわからないものですよね。

 

そんなときは、売却をするためのステップを1つずつ予習してみたり、頭の中でシミュレーションをしてたりしててからチャレンジするのがおすすめです。それではまず初めに、だいたいの売却のステップをつかんでおきましょう。

 

@実際に不動産を引き渡すまでのだいたいの日程を決める
A不動産屋さんに査定を依頼・本査定
B不動産屋さんとの媒介契約を結ぶ
C不動産屋さんによる販売活動開始
D不動産売却および不動産の引き渡し

 

 

これら5つのステップが完了して初めて、あなたの不動産が売れたということになります。
それでは1つずつのステップをもっと具体的に見ていきましょう。


 

不動産売却の仕方・手続きを一連の流れで紹介します。

不動産売却の仕方・手続・一連の流れ

@実際に不動産を引き渡すまでのだいたいの日程を決める

不動産の売却の難点は、いつまでかかるのかわからないという点です。すぐに買い手が見つかってくれることもあれば、なかなか見つからず時間が過ぎてしまうこともあります。そうそう買い手が見つかるものではないと覚悟しておくことも、売却の際のポイントです。

 

しかし、悠長に構えていてはスムーズな売却はできません。あらかたの日程を予想しておくこともまた大切です。この時、日程を予想しやすくする大きなポイントとなるのが販売価格です。
とにかく早く不動産を売却したい人は、販売価格をやや抑えめに設定しておくことで短期間での決着をさせやすくなります。一方、時間に余裕があり、しっかり高値で売りたい人は、長期戦を覚悟したうえで売却に臨むようにしましょう。ちなみに、早く売りたい人と高く売りたい人では、最適な契約の仕方も異なってくるので、自分の目的に合わせた方法を選択していくようにしましょう。

 

 

A不動産屋さんに査定を依頼・本査定

査定とは、自分が所有している不動産の価値を調べてもらうことを言います。査定は、不動産屋さんが行ってくれることで、最近は2種類の査定方法がとられています。査定の種類の1つ目は、机上査定などの簡易的な査定方法です。これは、地域性や物件の特徴をもとに、相場を参考にして出している価格です。

 

査定の種類の2つ目は、本査定です。これは、不動産屋さんが実際に訪れて細かな査定を行うことです。最近では、不動産一括サイトなどを利用することで机上査定をすぐに受けることができるようになっています。そして、気になる不動産屋さんに本査定をしてもらうといった流れが主流になりつつあります。

 

 

B不動産屋さんとの媒介契約を結ぶ

実際に査定をしてもらったら、次は媒介契約です。媒介契約とは、不動産屋さんに売り手と買い手の仲介をしてもらう契約のことです。この媒介契約には実は3種類の契約方法があります。まず、1社単独で集中して依頼できる専任媒介契約と専属専任媒介契約、次に複数の不動産屋さんと契約することのできる一般媒介契約です。専任媒介契約と専属専任媒介契約の場合、不動産屋さんは1社しか選ぶことができません。しかし、集中してその物件を販売してくれるといったメリットがあります。

 

一方、一般媒介契約は多くの不動産屋さんに販売活動をしてくれるといったメリットがあります。しかし、ほかでも販売しているとなれば、あまり熱意を持った活動をしてもらえない可能性もあります。つまり、媒介契約の方法をしっかり見極めることもまた、スムーズな売却活動を行うポイントでもあるのです。

 

 

C不動産屋さんによる販売活動開始

不動産屋さんは、媒介契約後に販売活動を行います。チラシを折り込んでくれたり、不動産サイトに登録したりすることで、多くの人の目に触れるよう情報提供活動を行ってくれます。
最近は、インターネット上で物件探しを探す人も多くなっています。そのため、インターネットやパソコンに強い不動産屋さんを選んでおくことも、買い手が早く見つかるためのコツです。

 

D不動産売却および不動産の引き渡し

不動産屋さんの努力により、買い手が見つかったらいよいよ売買契約です。買い手と売り手が価格や条件、引き渡し時期などに同意したら、売買契約書をはじめとした書類にサインをします。

 

ちなみにこの時、本人確認証明書をはじめ登記済み権利証、固定資産税納税通知書などの準備しておくべき書類がいくつかあります。不動産屋さんからあからめじ準備書類などを説明されるので、これらをあらかじめ手に入れて置いたり準備の手順を整えておくことも大切です。そして最後、契約締結後最後のステップとなるのが不動産の引き渡しです。鍵などを渡して終了となります。

 

まとめ

不動産売却仕方・手続きまとめ
不動産売却の仕方や手続きを一連の流れで紹介してきました。不動産の売却は、時間がかかることはもちろんですが準備することや、やることも多いものです。そのため、少しでもスムーズに進めることができるよう、売却するまでのステップ確認や、自分が今どの段階で何をやるべきかを常に把握しておきましょう。不動産売却は大金がうごきますので、不動産選びやちょっとしたことでも売却額がかなり変わってきます。

 

ポイントはほぼ不動産選びで決まります。いかにあなたの手助けしてくれる仲介の不動産会社を見つけることが重要です。少しでも効率よく不動産会社を探すなら不動産一括査定サイトを利用するのがよいでしょう。

不動産売却の基本知識

不動産会社の探し方 不動産売却の流れ 不動産売却の心構え

不動産会社の探し方

詳しくはこちら>>

不動産売却の流れ

詳しくはこちら>>

不動産売却の心構え

詳しくはこちら>>

机上査定と訪問査定 不動産会社の特徴 売却前にはリフォーム?

机上査定と訪問査定

詳しくはこちら>>

不動産会社の特徴

詳しくはこちら>>

売却前にはリフォーム?

詳しくはこちら>>

悪徳不動産の手口 媒介契約の種類 不動産売却の費用

悪徳不動産の手口

詳しくはこちら>>

媒介契約の種類

詳しくはこちら>>

不動産売却の費用

詳しくはこちら>>

当サイトの閲覧数ランキング

  会社名 公式サイト 提 携 会 社 数 同 時 依 頼 数 買 取 査 定 詳細
イエウール 1700社 6社 詳細
すまいValue 6社 6社 詳細
ホーム4U 1000社 6社 詳細
HOME'S 1714社 10社 詳細
マンションナビ 900社 9社 詳細
6位 リガイド 600社 10社 詳細
7位 リビンマッチ 1400社 6社 詳細
8位 イエイ 不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」 1700社 6社 詳細
9位 スモーラ 900社 9社 詳細
10位 マイスミ 33社 6社 詳細