媒介契約 種類

 


不動産屋さんに、あなたの自宅の売却を依頼するためには媒介契約を結ぶ必要があります。しかし、媒介契約には一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約の3種類種類があります。あなたはそのな中からどのタイプの媒介契約を選ぶ必要があります。いざ、自宅を売るとなった時、一体どの媒介契約を選べばあなたにとってメリットとなるのか、頭を悩ませてしまいますよね。

 

ここでは、媒介契約の種類それぞれの特徴やメリットデメリットについて考えていきます。これから自宅の売却を考えているという方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

宅地建物取引士女性

 

 

媒介契約の種類

 

契約の種類 一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約
他社への媒介依頼


X

X

自己発見の直接契約



X

報告義務 義務なし 2週間に一回以上 1週間に1回以上
有効期間 無制限 3ヶ月 3ヶ月
レインズの登録義務 義務なし 7日以内に登録 5日以内に登録

 

さて、先ほど媒介契約には、一般媒介契約と専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があると説明しました。それぞれには一体どんな特徴があるのでしょうか。1つずつ具体的に見ていきましょう。

 

 

 

@一般媒介契約

一般媒介契約の最大の特徴は、なんといっても複数の不動産屋さんと契約できるという点です。あなたが幅広い販売活動をしたいと願うなら、一般媒介契約を選ぶ理由にもなりますよね。

 

しかし一方で、不動産屋さんからしてみれば、他社との契約も結んでいるような物件に積極的な販売活動をするメリットはあるでしょうか。どんなに頑張って販売活動をしたとしても買い手が違う不動産屋さんで契約をしてしまえば、不動産屋さんにとってはただの働き損です。

 

また、一般媒介契約では義務による縛りがやや薄いといった点も挙げられます。例えば、不動産流通機構が運営するサイト、レインズへの登録義務は一般媒介契約の場合存在しません。

 

さらに、報告の義務もないため状況報告がなくてもそれはそれで仕方がないことなのです。では、一般媒介契約のメリットとはどこにあるのでしょうか。

 

まず1つは、複数の不動産屋さんとの契約が可能な点です。そしてもう1つは、自分で顧客を見つけることができるという点です。一般媒介契約では、顧客を自分で見つけたら不動産屋さんの仲介をなくして売買契約に進むことができるのです。

 

 

つまりまとめると、
一般媒介契約は不動産売買に対して知識を持った人に有利であるということが言えます。


 

 

A専任媒介契約

専任媒介契約は、一社の不動産屋さんとの契約のみが許されている媒介契約です。そのため、不動産屋さんからしたら販売活動のよいモチベーションになることでしょう。つまり積極的に販売活動をしてくれる事が期待できます

 

また、レインズへの登録義務や報告義務が存在します。
レインズの登録は媒介契約をしてから1週間以内に、報告は2週間に1度以上に行うことが義務化されています。

 

さらに、専任媒介契約ではなんと買い手を自分で見つけて交渉することが可能となっています。
これは一般媒介契約と同じで、不動産の仲介を要さずとも売買契約に望めるということです。

 

ちなみに、専任媒介契約中にあなたが買い手を見つけて契約した場合には、媒介契約をするためにかかった費用を支払うことになります。

 

B専属専任媒介契約

専属専任媒介契約は、専任媒介契約人比べてさらに縛りが強くなるといった特徴があります。
例えば、契約不動産屋さんは1社のみと決まっていますし、買い手が売り手を見つけて契約することはできません。

 

しかし、レインズの登録は媒介契約をしてから5日以内、報告も1週間に1回以上という義務も定められています。
自由度はやや低くはなりますが、不動産屋さんからしてみれば自分のところでのみ取り扱っている案件であるという高いモチベーションにもつながります。

 

 

どの媒介契約を選ぶのが得策?

さて、それぞれの媒介契約の種類を見てきましたが、実際選ぶとなればどれを選ぶのが得策だと言えるのでしょうか。
実際、一番多い媒介契約の種類と言われているのは専任媒介契約であると言われています。

 

一般媒介契約と専属専任媒介契約のメリットを掛け合わせたような点が、多くの人に選ばれているようです。
しかし、実際にあなたが選ぶとなればあなたの不動産に対する知識や、売却活動にかけられる時間などを考慮して選ぶことが一番だと言えます。

 

例えば、不動産売買に知識や経験があり、周りの情報をしっかりつかめる人なら、一般媒介契約が一番いいと言えるでしょう。
その逆に、不動産売買に対しての知識がなく、はじめて売却に挑むという人なら専属専任媒介契約がいいと言えますね。

 

さらに、そのどちらの要素もあるなら、中間的位置の専任媒介契約を選ぶのもいいでしょう。
あなたの状況に合わせた媒介契約を選ぶようにするのがおすすめです。

 

 

媒介契約には期間がある

媒介契約には、契約期間というものが存在します。
専任媒介契約と専属専任媒介契約はそれぞれ3か月以内、一般媒介契約は法令上の定めはありませんが、3か月以内とするよう行政からの指導があります。

 

そのため、初めて依頼する不動産屋さんであれば最初は様子見で契約してみるという方法もおすすめです。
その不動産屋さんがどういった方法で自宅を売りに出してくれるのか、販売活動を追いかけてみましょう。

 

また、実際にレインズへの登録はできているか、報告の仕方やタイミングはどうかについてみてみて、納得できるようならそのまま更新してもいいですし、不備等があれば別の不動産屋さんに乗り換えるという手もあります。

 

ただし、この様子見を実践する場合には、時間が必要となります。
すぐにでも売却をしたい人、売らなければいけない期限があるという人にとっては、実際問題として実践することができないでしょう。

 

 

媒介契約にかかる費用とは?

媒介契約自体、お金をかけてする契約の類ではありません。どの媒介契約の種類でもそうですが、基本的には売買契約が締結された後に仲介してくれた成功報酬として支払うもの、とされています。

 

そのため、媒介契約中に不動産がおこなった販売活動の費用は支払う必要がありません。しかし、特別に依頼したことにかかった費用だけは支払うことになります。

 

例えば、あなたが特注で依頼した広告に対する費用だったり、出張が必要になるような依頼をした場合には、それにかかる費用を支払う責任が生じます。また、契約に反することをした場合には違約金も発生します。

 

違約金は例えば、専任媒介契約や専属専任媒介契約において、一社の不動産屋さんとだけの契約が通常のところ、実際には複数の不動産屋さんと契約していたとなれば、それは違反事項となり違約金の支払いが必要となります。

 

また、専任媒介契約と専属専任媒介契約の期間中において、自己都合で解約を申し出た際には販売活動に要した費用が限度内で請求されることもあります。不必要な出費を抑えるためにも、あなた自身が契約内容をしっかり把握して守ること、契約期間中の自己都合による解約はなるべくしないようにしましょう。

 

 

 

 

媒介契約の種類 まとめ


さて、いかがでしたか?
媒介契約には、それぞれ特徴の異なる種類が存在することをわかっていただけたでしょうか。

 

それぞれの特徴を知ることにより、あなたに適切な媒介契約を選ぶことができます。
知識のある経験者なら一般媒介契約を、任せきりになる人なら専属専任媒介契約を、その両方に該当する人なら専任媒介契約を選ぶのが一般的です。

 

また、媒介契約自体にはお金がかかるということはありませんが、あなたが特別に依頼したり、契約事項に違反したり、解約を途中で申し出たりすれば、支払い義務が生じることもあることがわかりましたね。
いくらでもお金をかけたくないという人は、きちんと契約の内容を把握しておくことも大切です。

 

自分が損をしないためにも、しっかり媒介契約についてその特徴、内容を把握しておくようにし、不動産屋さんとの良好な関係を築いていってくださいね。

 

不動産売却の基本知識

不動産会社の探し方 不動産売却の流れ 不動産売却の心構え

不動産会社の探し方

詳しくはこちら>>

不動産売却の流れ

詳しくはこちら>>

不動産売却の心構え

詳しくはこちら>>

机上査定と訪問査定 不動産会社の特徴 売却前にはリフォーム?

机上査定と訪問査定

詳しくはこちら>>

不動産会社の特徴

詳しくはこちら>>

売却前にはリフォーム?

詳しくはこちら>>

悪徳不動産の手口 媒介契約の種類 不動産売却の費用

悪徳不動産の手口

詳しくはこちら>>

媒介契約の種類

詳しくはこちら>>

不動産売却の費用

詳しくはこちら>>

当サイトの閲覧数ランキング

  会社名 公式サイト 提 携 会 社 数 同 時 依 頼 数 買 取 査 定 詳細
イエウール 1700社 6社 詳細
スマイバリュ 6社 6社 詳細
ホーム4U 1000社 6社 詳細
HOME'S 1714社 10社 詳細
マンションナビ 900社 9社 詳細
6位 リガイド 600社 10社 詳細
7位 リビンマッチ 1400社 6社 詳細
8位 イエイ 不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」 1700社 6社 詳細
9位 スモーラ 900社 9社 詳細
10位 マイスミ 33社 6社 詳細