悪徳不動産 手口

 

悪徳不動産
残念ながらすべての不動産屋さんが、良い善良な不動産屋さんであるとは限りません。仲介手数料が異様に高かったり、気づかないうちに不利な契約を結ばされるなど、残念ながら悪徳不動産屋さんというものは現実に実在するものです。

 

不動産売却をするなら、いくらでも得をしたいと思うのは誰もが思うことです。しかし、そうした気持ちを利用して、悪徳不動産屋さんはあなたに近づいてきます。こうした悪徳不動産屋さんにだまされないためにも、まずはあなたが悪徳不動産屋さんのだましの手口について知っておくことで、トラブルを回避することができます。

 

ここでは、悪徳不動産屋さんがよく使うだましの手口について紹介していきます。これから不動産売却をする人、検討中の人は不動産屋さん選びの1つの判断材料としてチェックしてみましょう。

 

悪徳不動産屋

 

 

販売・営業活動をしてくれない

不動産売却をしたい場合、不動産屋さんに買い手を見つけてもらうよう仲介してもらうのが一般的です。この場合、売却希望者である売り手と、不動産屋さんの間で媒介契約というものを結ぶことが必要となります。

 

この契約が行われたら、いざ買い手を見つけるために不動産屋さんは販売・営業活動を行っていくものです。ところが、自社の徳ばかりにポイントを置いている不動産屋さんのなかには、この時販売・営業活動を敢えて行わないところも存在するのです。

 

この行為は、“物干し”と業界用語でいわれており、敢えて活動を行わないことで、売り手側からの売価の値下げを引き出すことが目的です。長期間放置されることで、売り手は買い手を求めて渋々値下げをすることに踏み切ります。

 

そのため、たとえ需要があったとしてもこの“物干し”によってすぐに買い手を見つけられないばかりか、売却額が不当に安く、非常に損をすることになるのです。では、こういった“物干し”から身を守るためにはどういった点に気を付ければよいのでしょうか。

 

見分けるポイントの1つは、査定額が異様に高く提示されるという点です。いくつか簡易査定等で不動産査定を受けることで、大体の相場を知ることができるでしょう。
この相場の常識から大幅に高い査定額を提示してくる不動産屋さんのなかで、高額になる明確な根拠を示さないような場合、物干しを行う可能性が考えられます。
悪徳不動産屋さんに注意!あなたを狙うだましの手口とは?

 

 

 

物件情報を公開してくれない

悪徳不動産屋さんがよくやる手口の1つが、“囲い込み”と言われるものです。“囲い込み”とは、敢えて不動産情報をその不動産屋さんでのみ管理し、自社内で売買を成立させる方法を言います。

 

なぜこの“囲い込み”が問題なのかというと、不動産屋さんは通常仲介手数料をもらって利益をあげるものですが、この“囲い込み”行為では売り手と買い手の両方から仲介手数料をもらうことができるためです。もちろん、自社の顧客でたまたま買い手がついた場合は、合法でもありますが敢えて不動産情報を開示しない、独占するといった行為は法律でも禁止されているのです。

 

通常、不動産屋さんは不動産の情報を広く開示しあい、売り手と買い手の情報をやりとりして売買成立へと導きます。こうすることで、売却希望者としては買い手を早く見つけることができますし、不当な値引きをすることなく売却することが可能になっているのです。

 

ところが、“囲い込み”は自社の利益だけを目的としているため、買い手を長期間見つけられないばかりか、売れないことで売り手が不当に値引きせざるを得なくなってしまうといった不利益が生じてしまうのです。

 

ではこの“囲い込み”を防ぐためには、どうした点に気を付ければいいのかというと、1つは“囲い込み”行為を絶対にしないと宣言する不動産屋さんを選ぶという点です。そして2つ目は、レインズやホームぺージでの登録を確認するという点です。

 

情報を共有していない不動産屋さんの場合、レインズの登録義務があってもなかなか登録をしてくれなかったり、不動産情報サイトなどに掲載をしてくれない場合もあります。これらをしっかりチェックしておくことも大切です。また、販売・営業活動をしているのに、一向に良い業務連絡がこない場合は、契約更新をしないという手や、一般媒介契約を選ぶといった手も挙げられます。
悪徳不動産屋さんに注意!あなたを狙うだましの手口とは?

 

 

宅地建物取引業の資格の有無や免許の番号を確認してみよう!

宅建士のまとめ

不動産屋さんが売り手と買い手の仲介をしたうえで売買取引を行う場合、国家資格である宅地建物取引業の資格を持っていなければなりません。こうした資格をきちんと持っているかをチェックすることで、悪徳不動産屋さんを回避することにもつながります。

 

資格を持っている場合、免許番号が割り振られているので、開示されている免許番号をもとに、交付した各都道府県で照会を行ってみましょう。照会することで、不動産屋さんの情報を知ることができたり、過去の行政処分歴を確認したりすることができます。

 

悪徳不動産屋さんの場合、過去にトラブルを起こしていることも考えられます。こうした点を確認してみることも、あなたが不要なトラブルに見舞われないためには大切です。

不動産売却の基本知識

不動産会社の探し方 不動産売却の流れ 不動産売却の心構え

不動産会社の探し方

詳しくはこちら>>

不動産売却の流れ

詳しくはこちら>>

不動産売却の心構え

詳しくはこちら>>

机上査定と訪問査定 不動産会社の特徴 売却前にはリフォーム?

机上査定と訪問査定

詳しくはこちら>>

不動産会社の特徴

詳しくはこちら>>

売却前にはリフォーム?

詳しくはこちら>>

悪徳不動産の手口 媒介契約の種類 不動産売却の費用

悪徳不動産の手口

詳しくはこちら>>

媒介契約の種類

詳しくはこちら>>

不動産売却の費用

詳しくはこちら>>

当サイトの閲覧数ランキング

  会社名 公式サイト 提 携 会 社 数 同 時 依 頼 数 買 取 査 定 詳細
イエウール 1700社 6社 詳細
スマイバリュ 6社 6社 詳細
ホーム4U 1000社 6社 詳細
HOME'S 1714社 10社 詳細
マンションナビ 900社 9社 詳細
6位 リガイド 600社 10社 詳細
7位 リビンマッチ 1400社 6社 詳細
8位 イエイ 不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」 1700社 6社 詳細
9位 スモーラ 900社 9社 詳細
10位 マイスミ 33社 6社 詳細